Subpage header

ABOUT

CAFな家づくり

コストについて

#1

家づくりはライフサイクルコストで考えましょう

ライフサイクルコストとは、生涯に必要な費用のこと。家の場合は、土地の購入費や建物の建築費のほか、光熱費や固定資産税、修繕費、解体費など、その家でトータルしてかかる費用のことを言います。
家は20年、30年と住み続けるものなので、イニシャルコストだけで判断するのは危険です。丈夫で長持ちし、省エネ性能も高く、ずっと快適に暮らせる家であることが重要。
CAFな家では、建てた後のことも考えた家づくりをご提案しています。

#2

光熱費=生涯ローンと考えましょう

電気代やガス代、灯油代などの光熱費は、生涯ローンととらえてもいいでしょう。
なぜなら、健康で文化的な生活を営む以上、エネルギーは必ず使い続けることになるからです。
たとえば、月々の光熱費が1万円の家庭と2万円の家庭があったとすると、その差額は1万円です。
それが1年後には12万円、35年後のローン完済時には420万円もの差になります。
夏も冬も、少ないエネルギーで快適に暮らせる家は、家族の健康だけではなく、あなたの未来のお財布も守ってくれるのです。

支払い年数 月々の光熱費(単位:円)
6000 8000 10000 12000 14000 16000 18000 20000 22000 24000
1年 7.2万 9.6万 12万 14.4万 16.8万 19.2万 21.6万 24万 26.4万 28.8万
5年 36万 48万 60万 72万 84万 96万 108万 120万 132万 144万
10年 72万 96万 120万 144万 168万 192万 216万 240万 264万 288万
20年 144万 192万 240万 288万 336万 384万 432万 480万 528万 576万
30年 216万 288万 360万 432万 504万 576万 648万 720万 792万 864万
35年 252万 336万 420万 504万 588万 672万 756万 840万 924万 1080万

スワイプ

#3

メンテナンスコストについての考え方

家は何の対策もせずにそのまま住み続けていると、どんどん劣化していきます。
築後10年で、直接太陽光の当たる屋根や外壁に傷みが出はじめる。
20年も経過すると、サッシやシャッターに不具合が生じ、キッチンや浴室なども交換の時期になります。
家の大きさや使っている部材によっても変わりますが、一般的な住宅で築後30年のメンテナンスコストとして400〜500万円はかかると言われています。
資金計画を立てる際には、そのあたりも頭に入れておくようにしましょう。

#4

性能の違いがライフサイクルコストに影響する

35年間のライフサイクルコスト比較

  • 一般的な性能の家

    イニシャルコスト
    (土地・建物)

    メンテナンスコスト
    (家電買換・修繕費)

    ランニングコスト(光熱費)
    月25,000円×12カ月×35年=1050万円

  • 性能のいい家
    (CAFの標準仕様)

    イニシャルコスト
    (土地・建物)

    メンテナンス
    コスト

    ランニングコスト(光熱費)
    月15,000円×12カ月×35年=630万円

    差額420万円

スワイプ

ライフサイクルコストを考えるにあたっては、イニシャルコストとメンテナンスコスト、ランニングコスト、この3つについて比較する必要があります。
イニシャルコストが低い家は、一般的に建材や部材、断熱材などの品質があまりよくありません。
断熱性・気密性が低いと、家の中の温度を快適に保つことができないため、光熱費が割高になります。
また、安い施工業者を使うと、工事が雑になることもしばしばで、結局メンテナンス費用が高くついてしまいます。
CAFな家は、メンテナンスコストとランニングコストを抑えることで、ライフサイクルコストを安くする家づくりを行っています。

ABOUT

CAFな家づくり

TEL

イベント

お問い合わせ