Subpage header

BLOG

ブログ

古江の魅力

こんにちは。広島市西区住民のスタッフ後藤です。
私は転勤に伴って広島に越してきて、たまたま西区に在住していますが、住まれている方の「西区愛」は実に高い!と感じております。

広島の他のエリアに住んだことがないので比較はできませんが、大型の商業施設へのアクセスと地元のお店とのバランスや、教育施設の充実、中心部へのアクセスなど、住みやすさを実感しています。

CAFな家と家デコさんによる「変形地にあるモデルハウス」も古田小学校に近い古江西町に位置しています。

古江といえば、邸宅の街と言われていますが、ヨソ者のわたしと夫が分析するに「アバンセ」の存在が大きいように感じます。
広島で初めて高級食材を専門にオープンしたアバンセ。こだわりの食材が厳選され、輸入食材も豊富です。
うちもお祝い事など、特別なことがあると「アバンセ」で食材を仕入れます。行くだけで、なんとなく嬉しくなる場所。

地元民に好評なのが、アバンセで毎週火曜日に開催されている産直市。新鮮な野菜や季節のお花、お漬物などの加工品が並んでいて、生産者の方が直接販売されています。スーパーでは並んでいない珍しい野菜や加工品が販売されていて、お値段もお手ごろです。

 

■■文科省の最優秀館に選ばれたこともある「古田公民館」

モデルハウスから徒歩3分ほどに位置しているのが古田公民館。こちらの公民館は、第71回優良公民館表彰において、「最優秀館」に選ばれ、文部科学大臣から表彰された公民館です。

受賞の理由は、古田中学生たちが立ち上げた「このまちにくらしたいプロジェクト」。

 

「このまちにくらしたいプロジェクト」は、平成25年度から古田中学校の生徒と地域住民が公民館と地域の公園を拠点にスタートさせたもの。今年も3月に開催されていました。地元の中学生が子どもたちと思いっきり遊んでくれて、大人用にはカフェが用意、というとっても充実した内容のイベントです。

■■このまちにくらしたいプロジェクト https://www.facebook.com/konomachipro/

また、古田公民館は習い事も豊富で、うちの子どもたちもバレエや夏のミシン教室でお世話になりました。
どの習い事も月2000円程度と公民館プライスなのもうれしいです。大人向けも豊富で、ママ友に人気なのが第一月曜日に開催される料理教室「プチ・ドゥ・アミ」。RCCの「イマナマ!」でもお馴染みの料理研究家・柿崎不二子さんによるパンとお菓子の料理教室で、本格的な内容ながら、月一回開催&1000円という会費が通いやすい理由のようです。

■■古田公民館 http://www.cf.city.hiroshima.jp/furuta-k/ (利用グループ紹介から、開催されているサークルが閲覧いただけます。)

定番の育児サークルから、太極拳、ヨガ、日本画、声楽、語学とかなり豊富なラインナップです。

古江は、スイーツなら「フェルダーシェフ」、井口台に本店がある「イマージュ」、そこからすぐの「パチスリー・ヴォワザン」電停のすぐ近くの「CAFERINA」、パン屋なら「Melh」などここでは紹介しきれないくらい、地元のショップも充実しています。

そうした地元のショップは日々の暮らしに「彩り」を添えてくれるような存在で、エリアに対する愛着も湧いてきます。モデルハウスの見学ついでに、古江の街歩きを楽しまれてみてはいかがですか。

■■変形地でもゆとりある暮らしができるお家 古江西町

https://tarui-arch.jp/events/762/

一覧へ戻る

TEL

イベント

お問い合わせ