Subpage header

BLOG

ブログ

外観デザインで意識していること

こんにちは。今回は、〚CAFな家〛の外観について紹介していきたいと思います。

「愛着をアップデートする家づくり」というコンセプトは、外観デザインにも通じています。
飽きのこないシンプルなデザインをベースに、ドアやライトのデザインなどで「その家らしさ」を加えていく、長く好まれる外観デザインを目指しています。

〚CAFな家〛では、定番のガルバリウムやサイディングから、メンテナンスフリーのものまで、その時々の「最上級のベター」を求めて、新しい素材も積極的に取り入れています。

 

■■ガルバリウム

モデルハウスの外観はガルバリウムの横張り。継ぎ目なしの横張りは、潔くクリーンなイメージです。

ガルバリウムの特徴は、軽くて耐震性が高いことにあります。防音性に不安を感じる方もおられますが、SW(スーパーウォール)工法の〚CAFな家〛は気密性が高いので、音が漏れる心配はありません。

金属の硬質な素材だからこそ、他の素材との組み合わせが映えます。

こちらは設計・施工をお手伝いした皆賀の2019年の家デコさんのモデルハウス。ガルバリウムに玄関天井の無垢材、二つの素材の相性の良さを感じます。中心に配置した大きな窓は、「室内の明るさ確保」という大きな役割がありますが、外観デザインのポイントにもなっていますね。

 

■■サイディング

サイディングは豊富なデザインから選択できるのがメリットです。

こちらは、理想の色に近づけるため、無塗装のサイディングの上に塗装をしたT様邸。

 

ネイビーのサイディングに玄関ドアがアクセントになったN様邸。

サイディングも質の良いものをつくり、長期保証をしようという流れになっています。高耐久性をうたう最近のサイディングは塗膜の変色・褪色やひび割れなどに強く、塗装の塗り替え費用が抑えられるというメリットも。

 

■■メンテナンスレスの外壁

古江西町の家は、光触媒で汚れをセルフクリーニング外壁材を採用しています。

3月末に完成した井口のT様邸でも使用しました。初期投資は増えますが、長期的にみるとコスト面でもメリットがある上に、「掃除の手間が省ける」、「外観が汚れていないので、長い間新築の気分を味わえる」と好評なようです。

外観は、簡単には変更できませんし、街並みとのバランスも重要です。
奇をてらわず、街に溶け込む無彩色の色合いに、ドアや軒・窓の配置などで、それぞれの家の個性を加える。〚CAFな家〛は、外観デザインも「長い目で考えた時にどうか」を意識した視点を大切にしています。

 

 

一覧へ戻る

TEL

イベント

お問い合わせ