省エネ・高気密・高断熱住宅-『上温品の家』

上温品に省エネ・エコ住宅を建築中。
施工は建人さん。お施主様は建人さんからのご紹介^^
当社が高気密・高断熱の省エネ・エコ住宅を設計するときは、いつも建人さんに施工をお世話になっています。建人さんはSW工法の認定工事店。
この工法を、ただ採用するだけでは意味がありません。
設計上の工夫、気候風土への理解、施工上の工夫、大工さんの工法への理解すべて揃って初めて性能を引き出せます。
さらに、C値(cm2/㎡)隙間相当面積:0.30以下を目標に。
初めて採用した『藤の木の家』では0.5でした。
これでもかなり優秀な結果ですが、更なる向上をめざし、昨年の『江田島‐三高の家』では0.29という数字を実現しました。53坪の広さの家での実現だったので大工さん大喜び!!
いろいろと長くなりましたが、本題に戻ります。
これまでの工程をUPしていこうと思います。
IMG_2601-web.jpg
地鎮祭を執り行いました。
IMG_2663-web.jpg
ショールームでキッチンの最終確認。
IMG_2748-web.jpg
基礎工事の状況
IMG_2776-web.jpg
しっかり基礎断熱材を敷設してます。
また、床下換気用ダクトの配管ルートの確認もこのとき行います。
IMG_2782-web.jpg
そして土台敷。
こうして、家の土台となる基礎・床板をしっかりと施工していきます。
ここまでが上棟式を行うまでの工程です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)