省エネ住宅

先日、改正省エネ法の講習会に参加してきました。
IMG_1257.jpg
写真は翌日の復習風景です。
改正省エネ法は2013年10月施行で、
2020年からは義務化される予定です。
大手ハウスメーカーのCMで2020年基準云々・・・と
告知されているのはこのことです。
この改正法の議論は長くさてれきており、内容については
これまでも様々な方面から発信されていました。
改正法の要点は、
【2009年の『改正省エネ基準の一次エネルギー基準』より10%の省エネを誘導するもの】
となっていることです。
簡単に言うと、2012年に打ち出された、
認定低炭素住宅が一つの基準になります。
当社ではこの基準を満たす住宅設計を早くから取り入れておりました。
そこで2010年に設計・監理させていただいた、
『藤の木の家』で検証させていただきました。
IMG_1260.jpg
結果は、認定低炭素住宅の基準をはるかに上回る性能を持つ家でした^^
認定低炭素住宅の基準をはるかにしのぐ性能で、
太陽光発電を設置せずにこの結果は誇ってもよいかなぁ
なんて少し天狗になりました(笑)

  • 藤の木の家

  • 性能とデザインの両立を可能な限り目指す家作りを一緒にしませんか?
    どのうようなデザインの住宅でも、同様の省エネ性能を得ることが可能です。
    せっかく新築しても7年後には既存不適格・・・なんて悲しすぎませんか?
    住宅新築をお考えの方、是非一度ご相談ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)