未来がある

知ってる人もいると思いますが、
是非一度見てもらいたい。

  • JR九州のCM
  • です。
    このCMの存在を知ったのは今朝のTV番組。
    九州新幹線の全線開業は3月12日。
    東日本大震災の翌日だったことで、
    沿線各駅で行われる予定だった開業セレモニーは
    自粛となり、静かなスタートとなったそうです。
    このCMは3月10日に2回だけ流されたきり、
    これまでTVで流すことはなかったそうですが、
    JR九州のホームページにUPされ、それが人づてに広がり、
    今、大きな流れとなって注目を集めているそうです。
    あの震災があったから余計に感情移入してしまう
    部分がありますが、ほんとに良いCMだと思います。
    九州の人々にとって 新幹線がどれほど待ち遠しかったのか?
    そして、どれほど期待しているのか?
    [一つのインフラが示す、『未来』を感じることが出来る]と、ボクは思います。
    通常の2倍の時間をかけて鹿児島から博多まで徐行運転。
    新幹線のデッキにカメラを1台据え、
    車窓から見える、風景の中で祝っている人々を撮影する。
    たった1本の撮影。たった1本のRUNで見ることが出来る人々の想い。
    演出でもなんでもない、素の感情。
    各々が考えた表現方法。
    『想い』が伝わるということはすばらしい事だと改めて感じました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)