コンクリート打設

昨日、コンクリートの打設を行いました。
コンクリート打放しには、細心の注意が必要です。
逃げも隠れも出来ない、一発仕上げ。
型枠を外すまでは、どきどきで怖さすら感じます。
ただ、裸をさらけ出すことは、
偽りの無い姿を示すことでもあります。
写真は打設後、床スラブをコテで押えている職人さんの姿です。
100930_173839.jpg
100930_173924.jpg
コテで押えることによって、
レベリングする時の施工性が上がります。
簡単に言えば、水平になりやすい。
ほんの少しの心遣いが、後々大きな意味を持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)