もし象さんだったら

今朝、TVをつけた時、象が映っていました。
象の鼻は筋肉の塊。
軽々と人を持ち上げます。
そんな映像をみながら
ボーっと考えたのです。
そもそも車やなんかの動力の強さを表す言葉に
『馬力』を使ってるのって、
人が乗って移動する手段が
圧倒的に馬が多かったからだし、
車を開発したのがドイツで、
これまた、馬車がそれまでの交通手段として
普及してた地域だからなんかなぁ?って考えたら、
仮に、当時の経済の中心がヨーロッパでなくて、
東南アジアで、車がドイツではなくて
タイで始めて開発されてたら、
動力の強さの基準は『象力』になってたんだろうか?
1象力は何馬力なんだろ?
いや待てよ、象力が定着していれば『何馬力?』という概念は
成立しないし・・・。
朝から訳のわかんないことを考えてた、すたっふのKi-yoでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)