木について

senda01.jpg
ある住宅で使用した、高梁ウッドです。
国産材は外材に比べ、比較的年輪間隔が狭く乾燥にも時間がかかる材料です。
が、年輪間隔が狭いので強度は外材よりも強くなります。
senda02.jpg
1枚目の写真の左側に見える柱が縦にバックリ裂けているのが判りますか?
あれ、欠陥材料ではないんですよ。
2枚目の写真をみればそれが判ります。
全ての柱に切り込みがあります。
これは建築後、さらに乾燥収縮したときに起きる『割れ』を予防する為のものです。
前に日記でも書きましたが、木材は伐採後も生きており
乾燥するごとに強度が増していきます。その過程で起きるのが割れです。
一番解かりやすい例えは、雑巾かもしれませんね
雑巾を絞れば水分が抜け、硬くなります。強く絞れば繊維がプチプチと切れる。
原理は一緒です。
先に割れを起こしておく事で、建築後に起きる収縮に対応することを目的にしています。
これは、大昔から続いていることで、日本の木造建築技術の高さを示すものの一つです。
今では、ごくごく当たり前のことですが、当たり前を当たり前と思わず、
先人の知恵に敬意を示すことも時には大事だなぁと
久しぶりにこの写真を見て思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)