平和公園

昨年、G8下院議長会議開催に伴い、平和公園慰霊碑前に設置されていた説明板をリニューアルすることになり、日本語・英語・ドイツ語・イタリア語・フランス語・ロシア語・中国語・韓国語の8言語の説明板を新たに設置しました。
DSC00054.JPG
DSC00049.JPG
敢えて、目立たぬよう慰霊碑の景観を阻害しないデザインにしました。
ガラス板は水面から5mmほど下に設置しています。
実は慰霊碑の周囲の池の底盤は微妙に勾配がついていて
全てのガラス板を水面下5mmにそろえるのに苦労しました。
その様子は下の写真です。
DSC00038.JPG
すごく薄いワッシャーをかませていくのですが、それでもなかなか揃わない。
そこで、グラインダーで削り、微調整をします。
若い職人さんでしたが、デリケートな作業を確実にこなしてくれました。
感謝です。
ちなみにこの説明板の設計図面、何枚あったと思います?
正解は・・・
A2で12枚です。
全て詳細図面です。こういったものはディテールが重要で、
職人に意図することを確実に伝える為にはこれぐらい画かなくてはいけません。
現地で見れば、ただのガラスの板と思う人も多いでしょうが、
その裏には、さまざまなアイデアが隠されています。
料理で例えれば、隠し味。
このことは、建築にも言えることですが・・・
ちなみに、元の説明板はこれでした↓
DSC00007.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)